2004年10月25日

練習がまったく出来なかった。

 2回目なんだけど、全く今回は練習できなかった、進みそうもないな〜。それでですね、今日はレッスン前に30分無料特典を利用して、教室で練習しよう。電話してみると、運よく空いていた。ラッキー、よしっという事で、まずロングトーンをやってみる、なんとかいけましたな!では次に曲をやってみよう、息継ぎに気をつけて、最初におもいっきり吸っといて、ん〜何とか形にはなって来たかな。何度か練習して、間にロングトーンも入れてっと、早もう30分たった。そこに先生登場、あら練習してたのですね(ニコリ)。この笑みは・・・いやな予感!
 さぁ、いってみましょうか〜。ハイっロングトーン。ふむふむ、まだ粋苦しそうですけど、なんとかいけてますね。もうすこしずつ、一つの音長く出せるようにやってみてくださいね、それは宿題で。(宿題だされるとさ、練習場所ないんだから・・・困っちまうんだけどな〜〜)でわ、曲いってみましょう。吹き終わった所で、最後までいけましたね〜。うっす。チョット息は苦しそうですけどね。すみましぇん。今日は伴奏付けてみましょうか。伴奏ですか?エエ伴奏です。私がピアノ弾きますので併せてみましょう。ハイ1.2.3.4ウン・・どうです?吹きやすくありませんか?そうですね、伴奏有った方がやりやすいかもです。感覚つかめますからね。さて、次辺りでこの曲は終わりにしたいと思いますのでよろしく〜。(ウゲ。ってことは、もっと練習して仕上げて来いってことなのね><)はぁ一杯宿題だされちゃったよな。ど〜しよ〜
 よし、今日はも30分借りてここでやるぞ、カウンターのお姉さんにもう30分部屋貸して下さい!あ〜〜今日はつまってって・・・・(ガクン)。あっと、チョット待ってて下さいね。教室にお姉さんが行く。お客さ〜んラッキーですね〜(ん!何が)これからのレッスンの人、キャンセルらしいですよ!おお、じゃあ。はい借りれますよ。
 という事で、30分間の曲とロングトーンとの死闘がはじまったので有りました。
結果は次回に。!!

 さてさて、今日は、たまに私の日記の中で、ケ〜ニャと言う言葉が出てくるわけですが、知らない人はなんやねん、それ!と思われているでしょう。
 そこで、解説!
 ケ〜ニャは、中南米のいわゆるフォルクローレ民族音楽にて使う楽器です。縦笛ですね。日本で言うところの尺八ってなかんじですかね。
 代表的な曲では、コンドルは飛んでいく、があります。これは、サイモンとガーファンクルもカバーしてますのでメロディーは浮かぶのではないのでしょうか。
 今も、持っているので画像を少々。
kenya

それで、フォルクローレもいい物なので、CDも紹介しますね。聞いてみると結構聞いたこと有る曲がありますよ。

ロス・インカス/コンドルは飛んで行く〜ベスト・オブ・フォルクローレ
ロス・インカス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どちらかと言うとスタンダード的なナンバー収録されてます。
コンドルは飛んでいく、花祭り、ラバンバ等。


 
posted by ricky at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サックス入門日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。