2004年11月01日

YAMAHAの教室

今回、YAMAHAの教室に、体験教室に行って来ました。先生は同じぐらいの若いお嬢さんなのですが、タイプが全然違うのですよ。こっちは、おもしろいタイプでどっかとした、おっかさんタイプ(若い人に失礼やろ><!)。で吹くのはそこそこにして、進め方とか、教則本とか、色々質問をばして答えて貰う時間の方がおおかったですね、思ったのは毎日程はいけないけれども、やっぱりYAMAHAのレッスンプログラムなので、しっかりしてます。最初にこれやって、基礎できてから、フリーレッスンやったかな〜と感じつつ(個人差は有ると思いますので、参考に聞いてくださいね。何せ頭硬いオッサンですので<私!)それで、最後に吹くのを見て頂いてどうだったかというと、もう少し手前でくわえて歯を当ててやって見てもらえますか?セルマの1スター80ですよね?マウスピース?。ハイそうです。そのマウスピースは息を入れる所が狭いので、そうしたほうが息が入りやすいと思います。確かに確かに息も苦しくないし、音・高音も出ますね。あ〜そちらの先生のおっしゃってる事も間違いではないんですよ。ジャズとかの場合とかメタルの場合はそういうやり方もあるんですよ。なるほどなるほど、(これは自分が思い違いしてたのと、やっぱり説明不足と理解不足だったな)有難うございました。さてさて、どうしたものか、とりあえず、もう一度レッスン行ってからどうするかを考えることにしてみる。 
 次回、どちらにするか決定しますよ〜。

さて、今回もCDを1枚ご紹介。
ハワイアンなんですが、テレサ・ブライトってしってます?
この人のアルバムなんですが、聞いてると、凄く落ち着きます。ハワイアンの特徴かもしれませんが、部屋全体にフンワリしたムードが流れてよいです。

クワイエット・ガール
posted by ricky at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | サックス入門日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。